よくあるご質問と回答

│地震発生時に気象庁が発信する緊急地震速報をインターホンを通じて配信
緊急地震速報サービス SCOOP 会社概要緊急地震速報 SCOOP についてのお問い合わせ
緊急地震速報とは?緊急地震速報 SCOOP についてお知らせ・プレスリリース緊急地震速報 SCOOP の掲載メディア一覧よくあるご質問
緊急地震速報サービス SCOOP トップ > よくあるご質問
よくあるご質問 多くお寄せいただくご質問と回答をまとめました。

タイトルをクリックすると回答をご覧いただけます。
Q01
緊急地震速報とはどういうものですか?
Q02
地震のP波とS波とは何ですか?
Q03
「SCOOP」とはどのようなサービスですか?
Q04
テレビ放送で始まった緊急地震速報との違いはありますか?
Q05
以前からテレビで放送されていた「地震速報」と、「緊急地震速報」との違いは何ですか?
Q06
緊急地震速報を受信した場合はどのような行動をとればいいのですか?
Q07
サービスの利用にあたって必要な手続きはありますか?
Q08
利用料金はかかりますか?
Q09
利用にあたって用意するものや、設定をする必要はありますか?
Q10
どのくらいの震度の地震からインターホンは発報しますか?
Q11
だいたいどのくらい前に地震が来ることがわかるのですか?
Q12
情報が届かない場合はあるのですか?
Q13
パソコンや携帯電話に情報を転送することはできますか?
Q14
誤報などもあるのですか?
Q15
一戸建ての住宅に導入してもらえないのですか?
Q16
24時間365日いつでも動いていますか?
Q17
「SCOOP」はビルに導入できますか?


Q01 緊急地震速報とはどういうものですか?
A01
地震の発生直後に、震源に近い地震計で捉えたその地震に関するデータ(先に来る地震波である「P波」のデータ)を観測して、
震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに予測し、これに基づいて各地での主要動(大きな揺れ)の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせる情報のことを指します。

緊急地震速報は気象庁から発信されます。

ページの上へ
Q02 地震のP波とS波とは何ですか?
A02
地震波には、P波とS波の2種類があります。

P波は地震の最初に発生する初期微動のことです。
S波は初期微動の後に発生する大きな揺れ(主要動)のことです。

地震が発生すると、P波が先に伝わり(秒速約7km)、追ってS波が伝わります(秒速約4km)。

緊急地震速報は、P波とS波の伝わる速度の違いを利用し、P波を観測して得た地震に関する情報を、S波が到達する前にお知らせするものです。

ページの上へ
Q03  「SCOOP」とはどのようなサービスですか?
A03
気象庁が発信する「緊急地震速報」を建物内の「地震情報解析機器」で受信・解析し、震度・主要動到達までの予測時間(の目安)等を算出し、その情報を利用してインターホンでお知らせしたり、棟内の設備に制御信号を送るサービスです。
ページの上へ
Q04 テレビ放送で始まった緊急地震速報との違いはありますか?
A04
テレビ放送で提供される緊急地震速報は、その地震の最大震度が「震度5弱」以上が予想される場合にお知らせされます。

「SCOOP」ではお住まいのマンションで震度が「震度3以上」と予想される場合に、インターホンでお知らせします。

また、テレビ放送で提供される緊急地震速報は、広範囲に対する情報ですが、「SCOOP」ではお住まいのマンションの立地や地盤に応じた情報を提供します。

ページの上へ
Q05 以前からテレビで放送されていた「地震速報」と、「緊急地震速報」との違いは何ですか?
A05
以前からテレビで放送されていた「地震速報」は、実際に発生した地震を観測し、震度等を発表するもので、地震が発生した後に発表される情報です。

一方、「緊急地震速報」は、気象庁からの情報を基に、地震の大きな揺れが到達する前に震度等を予想し、地震が来ることを事前にお知らせする情報です。(震源に近い場合等は、大きな揺れが到達する前に情報が提供できない場合があります)

ページの上へ
Q06 緊急地震速報を受信した場合はどのような行動をとればいいのですか?
A06
まずは、「机の下に隠れる」「倒れそうなものから離れる」等、身の安全を確保してください。

なお、SCOOPをご提供するマンション居住者の皆様には、「地震防災マニュアル」と「緊急地震速報ガイドDVD」を配布させていただきます。「マニュアル」「DVD」を普段からよくご覧いただき、緊急地震速報を受信したときや、災害時にどのような行動を取るべきなのかをご理解いただきますようお願いします。

ページの上へ
Q07 サービスの利用にあたって必要な手続きはありますか?
A07
管理組合様とマンション全体でのサービス提供契約を締結していますので、お申し込み等の手続きをしていただく必要はありません。
ページの上へ
Q08  利用料金はかかりますか?
A08
管理組合様からマンション全体の利用料金をお支払いいただいていますので、別途個別に料金をお支払いいただく必要はありません。
ページの上へ
Q09 利用にあたって用意するものや、設定をする必要はありますか?
A09
お部屋に取り付けられているインターホンでお知らせをしますので、お客様でご用意いただくものは特にありません。また、インターホンは特に設定等をしていただく必要はありません。
ページの上へ
Q10 どのくらいの震度の地震からインターホンは発報しますか?
A10
お住まいのマンションにおいて震度3以上が予想される場合、インターホンが発報します。
ページの上へ
Q11 だいたいどのくらい前に地震が来ることがわかるのですか?
A11
震源とお住まいのマンションの位置関係によって、事前に分かる時間が変わってしまいます。

従って、直下型地震など、マンションが震源地に近い場合には、P波とS波の到着時間に差がないため、大きな揺れが到達する前にお知らせできず、揺れが起きてからインターホンの発報が始まることもあります。

ページの上へ
Q12 情報が届かない場合はあるのですか?
A12
お住まいのマンションで法定点検などの名目で停電がある場合、緊急地震速報配信サーバ、光回線等のシステム障害、インターネット回線や機器のメンテナンス、インターホン等棟内の機器故障などの場合は、情報を発信できないことがあります。
ページの上へ
Q13 パソコンや携帯電話に情報を転送することはできますか?
A13
「SCOOP」はお住まいのマンションに設置されているインターホンを介して通知するシステムとなっています。パソコンや携帯電話向けに情報を転送することはできません。
ページの上へ
Q14 誤報などもあるのですか?
A14
次の何れかの場合、速報できない、または誤った情報をお伝えすることがあります。
1. 地震速報の配信が間に合わない場合
直下型地震の場合や震源に近い地域の場合、P波とS波の到達時間の差がほとんどないため、大きな揺れが到達する前に緊急地震速報を伝達できない可能性があります。
2. 誤報が発報される場合
落雷や事故などにより、誤報が発せられる可能性があります。
(万が一誤報が生じた際は、追ってキャンセル報が発報されます。)
3. 地震到達までの時間や、震度の推定に誤差が生じる場合
緊急地震速報で予想された震度や地震到達までの猶予時間と、実際の震度や猶予時間とでは、誤差が生じる場合があります。
ページの上へ
Q15 一戸建ての住宅に導入してもらえないのですか?
A15
「SCOOP」はマンションなどの集合住宅向けに設計されたシステムです。大変申し訳ありませんが一戸建て住宅向けの仕様ではありません。
ページの上へ
Q16  24時間365日いつでも動いていますか?
A16
基本的に24時間365日、お住まいのマンション向けに提供されるサービスです。ただし、お住まいのマンションで法定点検などの名目で停電がある場合、インターネット回線や機器のメンテナンスがスケジュールされている場合などには、サービスが停止する時間があります。

また、お使いのインターホンシステムが故障している場合にもサービスが提供できないことがあります。 

なお、当社設置機器に関しては遠隔で死活監視※が行われています。

(※死活監視…機器が稼働しているかどうか、管理者が信号を送受信することによりチェックすること)

ページの上へ
Q17 「SCOOP」はビルに導入できますか?
A17
詳細についてはぜひお問い合わせください。

お問い合わせ先はこちら

ページの上へ