緊急地震速報について

│地震発生時に気象庁が発信する緊急地震速報をインターホンを通じて配信
緊急地震速報サービス SCOOP 会社概要緊急地震速報 SCOOP についてのお問い合わせ
緊急地震速報とは?緊急地震速報 SCOOP についてお知らせ・プレスリリース緊急地震速報 SCOOP の掲載メディア一覧緊急地震速報 SCOOP についてのよくあるご質問
緊急地震速報サービス SCOOP トップ > 緊急地震速報とは? > 大きな揺れが来る前にできること
緊急地震速報とは?
大きな揺れが来る前にできること
緊急地震速報は、大きな揺れが起こる数十秒前のお知らせになるので、屋外に出るのではなく、住戸内で安全な場所へ避難するようにしましょう。速報を受信した際、自分や家族を守るためにはどのように行動したらよいのか、到達時間や震度の大きさ、家族構成・居住階などを踏まえて日ごろから具体的な対策を考えておきましょう。
場所別の被害予測と対策
キッチン危険!

キッチンは、狭い空間に冷蔵庫・オーブンなど重くて大きな家電製品があり、電気ポット・炊飯器・コンロなど熱を発するものもあります。ガラスなど割れやすいもの・包丁・鍋のほかにも、調味料や油などもこぼれると滑りやすくなって危険です。家の中でも一番危険な場所かもしれないという認識を持ち、すぐにキッチンから出ることを意識しましょう。コンロを使用している場合はすばやく火を止めましょう。ただし、直下型地震のように最初から激しく揺れる場合には、自分から火のある方へ移動してしまうこともあり得ますので、とにかくキッチンから出るようにしてください。

棚や冷蔵庫には飛び出し防止具を付けましょう。 逃げ道がふさがれないように冷蔵庫の配置に気をつける、棚には飛び出し防止具を取り付ける、家電製品は耐震ジェルマットなどで固定するといった対策を心がけておきましょう。
ダイニング・リビング

窓の近くや固定されていない家具、置物から離れて安全な空間に避難しましょう。近くにクッションなどがあれば頭を保護し、固定されている丈夫なものにつかまります。上から落ちてくるもの、横から飛んでくるもの、倒れこむものに当たらないように注意してください。特に窓の近くはガラスが割れて飛散すると大変危険ですので、窓から離れるようにしましょう。窓のほか、ガラス製品には飛散防止フィルムを貼っておくと安心です。

地震の際窓ガラスが突然割れるおそれがあるので、窓から離れること
寝室

就寝中に目が覚めても、すぐに状況を理解して行動するのは困難です。暗がりの中で下手に動くとかえって危険です。枕や布団で頭と体を守り、揺れが収まるのを待ちましょう。

寝室は「安心して寝ていられる環境」を作ることが大切ですので、家具の倒れる方向を考え、安全な配置を心がけましょう。

バスルーム・トイレ

トイレ・バスルームでは閉じ込められるのを防ぐために、まずはドアを開けます。すぐに出られない状況では、洗面器やスリッパなどをドアに挟んでおきましょう。

通常は大きな家具などがありませんので、ものが倒れてきたりする心配は殆どありません。ただし、後ろにタンクが付いているトイレの場合には、地震が発生したらすばやく離れるようにしましょう。バスルームでは鏡が割れる危険性があり、石鹸で滑りやすくなるため注意が必要です。

バルコニー危険!

バルコニーではすばやく身をかがめ、姿勢を低くした状態で室内に入ります。揺れが激しい場合は、ガラス戸が左右に激しく移動し、サッシにぶつかる衝撃で割れる危険性があります。また、体がガラス戸に挟まれないように手で押さえつけ、割れたガラスに触らないようにバルコニーのサンダルを履いたまますばやく室内に上がりましょう。

バルコニーでガーデニングを楽しんだり、収納スペースとして活用する場合も、バルコニーは「避難路」であることを認識して、通路をふさがないように心がけてください。

エレベーター危険!

エレベーターに乗っている場合、自動制御装置がなければ自分で最寄階のボタンを押して速やかに降りるようにしましょう。また、エレベーターが動いていても、絶対に乗らないでください。

廊下・ホール・エントランス

駐在の管理員がいる場合は、原則的にその人の指示に従いましょう。壁や天井に吊り下がっているもの、オブジェなどから離れて安全な場所に移動し、頭を保護してください。揺れが収まるまで、慌てて階段やエントランスに殺到しないようにしましょう。

駐車場・駐輪場

機械式の駐車場の場合は、すぐにそこから離れてください。慌てて鍵を車内に残したり、ヘッドライトや車内灯をつけっ放しにしないようにしましょう。駐輪場では、自転車やオートバイが倒れてくる危険性があるため、すぐにその場から離れてください。

また、自動車を走行中の場合には慌てて止まらず、ハザードランプを点灯させてから近くの空いているスペースに停車させましょう。

緊急地震速報サービスSCOOPは、インターホンの音声と画面で地震発生をお知らせします!
地震の大きな揺れが来る前に、地震発生を知ることが出来れば、それが数秒〜数十秒の猶予でも身の安全を確保することができます。もちろん、そのためには事前に大地震発生時の対応をシミュレーションしておくことや、家具の配置を考えること、家族や居住者間で防災対策を検討しておくことも重要です。

つなぐネットコミュニケーションズが提供する緊急地震速報サービスSCOOPは、インターホンからの地震発生アナウンスのほか、エレベーターなど設備との連動や、専門家による防災セミナーの開催など、ハード面とソフト面の両方からマンション防災対策をサポートします。

既存マンションへの導入も可能ですので、まずはご相談ください。

緊急地震速報サービスSCOOP(スクープ)サービス概要
ページの上へ