ビル向けサービスの流れ

│地震発生時に気象庁が発信する緊急地震速報をインターホンを通じて配信
緊急地震速報サービス SCOOP 会社概要緊急地震速報 SCOOP についてのお問い合わせ
緊急地震速報とは?緊急地震速報 SCOOP についてお知らせ・プレスリリース緊急地震速報 SCOOP の掲載メディア一覧緊急地震速報 SCOOP についてのよくあるご質問
緊急地震速報サービス SCOOP トップ > SCOOPについて > サービス概要:ビル向け
緊急地震速報 SCOOP について
サービス概要:ビル向け
サービスの流れ

・地震発生時に気象庁(気象業務支援センター)から発信される「緊急地震速報」を、配信サーバで解析します。

・インターネット回線を利用し、解析結果をビル内に設置の表示端末に送信します。

・表示端末で地震の大きな揺れが到達する前に、地震発生をお知らせします。

・館内の放送設備を通じて、地震の大きな揺れが到達する前に地震発生をお知らせします。

・運転中のエレベーターを最寄階で停止させるなど、連動設備の動作制御を行います。

導入メリット
エレベーターなど各種設備との連動

運転中のエレベーターを最寄階で停止させたり、自動ドアを強制開錠させるなど、各種設備と連動してビル内の皆さまの安全を確保します。

各種設備との連動

 
 
エレベーター連動
エレベーター連動
 
自動ドア連動
自動ドア連動
 
館内放送連動
館内放送連動
 
表示端末連動
インターホン連動
 
 

エレベーターを最寄りの階に自動停止させます。

 

自動ドアを強制開錠します。

 

地震発生を館内にお知らせします。

 

表示とブザー音で地震発生をお知らせします。

 
 
 
施工から保守までワンストップでご提供

調査から導入工事、導入後のサービス運営は全てつなぐネットコミュニケーションズが実施します。

施工から保守まで一元管理

ビル向け緊急地震速報サービス ネットワーク構成
緊急地震速報サービスSCOOP(スクープ)のサービス概要や導入方法につきまして、担当者から詳細をご説明いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
ページの上へ