SCOOP(スクープ)のネットワーク構成

│地震発生時に気象庁が発信する緊急地震速報をインターホンを通じて配信
緊急地震速報サービス SCOOP 会社概要緊急地震速報 SCOOP についてのお問い合わせ
緊急地震速報とは?緊急地震速報 SCOOP についてお知らせ・プレスリリース緊急地震速報 SCOOP の掲載メディア一覧緊急地震速報 SCOOP についてのよくあるご質問
緊急地震速報サービス SCOOP トップ > SCOOPについて > システムについて
緊急地震速報 SCOOP について
システムについて
SCOOP(スクープ)のネットワーク構成図

・緊急地震速報配信は、インターネット回線を利用します。

・つなぐネットデータセンターから、インターネット回線・棟内解析機器の遠隔監視・保守を実施します。

・棟内に「地震情報解析機器」を設置し、配信される緊急地震速報から機器設置場所(建物棟内)での震度・揺れ到達までの時間を計算します。計算結果を接点端子台からインターホンに送信します。エレベーターや棟内放送設備との連動も可能です。

ネットワーク構成例:マンションの場合
物件の立地固有の情報提供
マグニチュードや震源からの距離が同じであっても、「地盤のやわらかい場所」では、地盤の固い場所に比べて「揺れ」が強くなり、震度が大きくなる場合があります。

SCOOP(スクープ)では、物件の地盤情報に基づく地盤増幅率を採用し、物件固有の地震情報を提供します。

テレビ、携帯電話などの一般向け速報との違い
テレビや携帯電話で発報される緊急地震速報は「一般向け緊急地震速報」を使用していますが、SCOOPでは「高度利用者向け緊急地震速報」を使用しています。どちらも気象庁から発信される緊急地震速報ですが、発信する条件などが異なります。

一般向け速報との違いについて詳しくはこちら

ページの上へ